三溪園(さんけいえん)

三溪園は、生糸貿易で財を成した横浜の実業家 原 三溪が1906(明治39)年に自邸を公開したことにはじまる日本庭園。 広さ約175,000㎡(53,000坪)に及ぶ園内には、三溪により集められた京都や鎌倉などの歴史的建造物17棟が点在し、四季折々の自然とみごとな調和を見せています。 また、2007年には学術上・芸術上、そして鑑賞上価値の高いことから庭園全域が国の名勝に指定されました。

三溪園

・住所

神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

・電話

045-621-0634(代表)

・URL

・アクセス

車  /
・首都高速湾岸線 本牧ふ頭ランプより
 国道357経由で約5分
電車/
・JR根岸線、JR京浜東北線、JR横浜線
 根岸駅より市営バス

・入場料金

大人(中学生以上)500円
こども(小学生)200円

・駐車場

あり、バス 1,000円/回、
普通車 最初の2時間500円/以後30分毎100円

地図
クリックで地図を拡大