浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)

東京湾に面し、潮入りの池と二つの鴨場を持つ江戸時代の代表的な大名庭園です。現在、海水が実際に出入りしているのはこの浜離宮のみとなっています。徳川家の鷹狩場だった所に、1654(承応3)年、4代家綱弟の甲府宰相松平綱重が別邸を建て、綱重の子綱豊が6代家宣となったのを機に将軍のものとなり、明治維新後は皇室の浜離宮となりました。1952(昭和27)年11月に周囲の水面を含め(指定面積32.4ha)が国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。

浜離宮恩賜庭園

・住所

東京都中央区浜離宮庭園1-1

・電話

03-3541-0200

・URL

・アクセス

車  /
・首都高速都心環状線 汐留ランプより約1分
電車/
・地下鉄大江戸線 築地市場駅、汐留駅、
 ゆりかもめ 汐留駅より徒歩約7分
・JR東海道線、JR山手線 、JR京浜東北、
 JR横須賀線、東京メトロ銀座線、
 都営地下鉄浅草線 新橋駅より
 徒歩約15分

・入場料金

一般 300円、65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

・駐車場

最寄りの公共駐車場をご利用下さい。